上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事の始まりは半年位前ですかね。

気の早い話ですが2014年春先(とは言っても北国じゃ真冬真っ只中だけど)に、ケロのお茶の先生にお茶会の当番が回ってくることが決まってまして。
半年位前のある日、お稽古に行ったら先生が若い子相手に振袖で出て貰おうかしら?なんて話をしてるのです。

いいねぇ、振袖。
若い子の振袖、可愛いよねぇ。

って思いながら聞いてましたよ。
露程も自分に関係ある話だなんて思っちゃいませんでしたよ。

「ねぇ、ケロきちさんも着なさいよ」と言われるまでは。

はい
今なんと仰いました

2014年には31になっているケロきち、二十代前半のお嬢さんとならんで振袖とか公開処刑以外の、何物でもありゃしない。

断固拒否したケロに先生は「いいんでしょ、結婚してなければ」

や、そーゆー問題じゃないんだよ、先生!
あの振袖って代物は若いお嬢さんが着てこそ映える代物であって三十路のババ臭さ全開のケロが振袖着たら犯罪レベルだよ?

断固拒否するケロきちに20代の3人がのたもうた。
10コ下の子「いいじゃないですか」
8コ下の子「そんなこと言わないで」
4コ下のバカ「私のオバの着物貸しますから」

10コ下と8コ下よ、君たちもあと10年したらわかる!
十年後に二十歳そこそこのお嬢さんと並んで振袖着なさいと言われることがあれば…多分。
若々しい三十路ならイケるかもね。けっっっ!

そして4コ下のバカ。二十代の独身だろうと見苦しいぞ、お前なら。更にあの二人に並ぶとか、自分を的確に把握してるならできないと思うぞ。鏡みろ。ついでに自分の馬鹿さ加減も自覚してくれ。


おおっと、ちょーっとばかり毒吐いちゃいましたね。てへっ♪


まぁ、ケロのあまりの拒絶っぷりに先生も「嫌ならいいけど」と引き下がってくれた。

なのでケロの中で終った話だったのです。



それが、今日、お稽古に行ったら…

8コ下のお嬢さんが掘り起こしてきやがった!
二人で後片付けしてたら
「来年のお茶会は振袖ですね♪」
とかいうから???って思ったらその話だったのですよ。

もちろんケロきち断固拒否

するってぇと
「そんな全然大丈夫ですよ。ウチの母の振袖お貸ししますから」

いやいやいや、あなたのお母様と数日前にも顔を合わせる機会ありまたのでご挨拶しましたけど、身長、大分違うよ?もちろん横幅も!

「やー母は顔は小さく見えるかもしれませんが、結構ガッシリしてるんです。それに振袖も袖とか長めに作ってあるって」

ええっ!その笑顔の裏で親子してケロの公開処刑計画進めてたんかい
なんつう恐ろしい親子

つか、どう贔屓目にみてもそのお母さんの振袖がケロに着れるとは思いません。大切な置物の縫い目を崩壊させて…最悪布地を崩壊させてお返しするハメになることは確実です。



そーれーにー

二十歳そこそこのお嬢さんと三十路のオバサンじゃ肌や髪の張り艶、体型、みずみずしさ、など何処をどう頑張っても敵いやしない。そもそも比べる事すら間違ってる。

や、世の中には二十歳そこそこのお嬢さんと比べて遜色ない三十代の素敵な女性も少なくないでしょう。
んがしかしケロはそうではないのである。
そして、同じ格好して二十歳そこそこのお嬢さんと並ぶ程恥知らずでもないのですよ。


まぁ嫌がるケロを押さえつけてまで振袖着せようとは誰もしないだろうから、このまま拒絶の意思を叫びつづけるよ、ケロは。








あ、振袖着る事で「独身」である事を晒されることには抵抗ないですよ。
独身はいいんだよ、独身は。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。