上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここんとこしょっちゅう見かける注意報。

それは…



竜巻注意報



北国はここんとこ大気が不安定でしてね。

夕立?ゲリラ豪雨?はしょっちゅうだし雷も時折鳴り響く。
今日とか一瞬だけど停電してもーて。おかげでパソコン調子悪くなってもうた。今も鳴ってるしね。
そして、TVから注意報のピロリロリロリーンって音が聞こえてきたから何かと思ってみたら竜巻注意報。


怖いよね、竜巻。
直撃されたらあの世行きだよね。
事前に分かるのであれば有難いよね。


でもさ、注意報でてもどーすりゃいいのさ?


これが大雨注意報とか洪水警報なら高台とか地盤のしっかりしたところに逃げる、とか対処法あるけどさ。
竜巻は?
家の中篭ってても直撃喰らったら窓ガラスとか割れてアウトでしょ?
下手すりゃ家倒れるだろ?
逃げる、ったって何処へ?
やたら広範囲で注意報がでるから逃げるに逃げれないよ?
しかもケロのような車のない人間は仮に安全地帯がハッキリしててもそこ迄たどり着くのが大変だ、とかいうオチがつくんじゃないのかい?


なんつーか、この注意報、見る度に



だからって、どないせーっちゅうねん



と思わずにいられない。
どーしたらいいでしょうかねぇ?

こんな投げっぱなしな注意報、意味あるんだろうか?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。