上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽に死ねる自殺方法トップ3に入るんでなかろうかと思われる一酸化炭素中毒。
密室空間で炭を炊くだけでコロッと逝けるんだから楽だよね、きっと。

んがしかし翻して言えば、炭を炊く、ってぇのは死ぬ気のない人間からしてみりゃ危険な行為なわけですよ。
冬場、ワカサギ釣りのテントの中で…なんて事故もありますからね。

そんな室内で炭を炊くという危険行為をさほど問題視せず当たり前のようにやらかす危険集団がこの世には存在するのです。

そう。

茶道っう金持ちの道楽を嗜む連中です。

ケロもその端くれ。貧乏だけど。



今は電気で釜を沸かす事が多いんですけどね。
やっぱり「炭に酔う」まぁ、軽い一酸化炭素中毒ね、を、起こす人もたまにいるし、炭高いし、準備後始末大変だし。

だけど、なにかのときには炭を入れるし、お稽古のときだって炭使うことはあるのです。


その結果、時として、



一酸化炭素中毒者が出るわけですよ。





先日、お稽古じゃなかったんですけど、用があって先生宅にお伺いすると、

先生、一酸化炭素中毒で横になってた…しかも意識失って倒れた拍子に怪我して血が止まらない、って…

怪我してたぶん一時間弱くらいたってる。なのに止まらないってやばくない?

どーすっぺ?救急車呼ぶ?
でも意識ハッキリしてるし、怪我もそんなに大きな怪我じゃないし、でもこのまま放置ってのもよろしくなさげ…

やっぱり119?病院だけでも教えて貰う?

とか思ってたら他のお弟子さんが来て、手早く近所の病院に連絡&タクシーの手配、先生を、病院に連れ込む運びとなりました。

うーーん、ケロってば立ってるだけの
や☆く☆た☆た☆ず
こーゆーとき出来る人間かボンクラかハッキリ分かりますね。

で、先生が、良いんでしょ入りなさい、とのたもうたのでケロも入った診察室。

先生が怪我した状況を話すと、医者が一言。


炭?危なくないの、それ⁉


うーーん、言われりゃ自殺行為の何物でもないよね。
勿論、喚起はしてたそうです。窓を一度開けたそうだがそれだけじゃ足りなかったらしい。
まぁねー利休さんの頃は室内でガンガン炭炊いたって機密性のカケラもないような家だったんだろうから、差し支えなかったんだろうけど、現代の住宅はねー機密性高いからねー

そりゃ中毒になるよね。

実は炭に酔ったって話は時々聞くのですが、軽い一酸化炭素中毒なら横になってりゃ治るみたいで、根底にちょっとくらいなら平気よ、みたいに思ってるんだろうなーとか思ったり。

今回も中毒は横なってれば治るの。でも血が止まらないの。って話しでケロも怪我の方を見て貰うことしか考えてなかったのよね。

そう、ケロもやっぱり「炭に酔ったら横になって休めば良い」って思ってたのよ。
酔ったことないけど、そーゆーふうに話聞いてたからさ。


でもさ、今回みたく意識失ってケガとかあり得るわけで、医者の一言でよーやく自分が危険な事を危険と認識してないことに気がついたのですよ。


怖いよねー
業界の当たり前世間の非常識
特に茶道の業界なんか昔気質の偏った常識まかり通ってそうだもなー
怖い怖い。

皆さんも室内で炭を炊くときは十分換気して下さいね。

Secret

TrackBackURL
→http://1251hazymoon.blog55.fc2.com/tb.php/1187-5330f2f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。