上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当に必要な物は買わなくても手に入る、そんな事を書いてある本をパラパラと立ち読みしたことがあります。
確か、テレビが壊れて買おうとしたら奥さんがそう言って反対した。そしたら後日、知人からテレビを譲られたーみたいな内容でした。

んな都合のいいことそうあるか?と思って読んでいたのですが、その後、現在住んでいる部屋に引っ越すに当たり既存のカーテンでは足りなくなったので買う必要がでてきました。そしたら会社の人が前に使ってたカーテンが残ってるかもしれない、良ければあげるよ。と申し出てくれたのです。ケロ、カーテン買わなきゃならない、なんて話してないのに。
サイズもちょうど良さげだったので貧乏人ケロきちは有難く頂戴して今でもそのカーテン使ってたりします。

ありがとう、あごひげ!カーテンの恩は忘れないよ、多分。

で、今回。また棚ぼた?現象がケロの身におこりました。
なんと、マンションのオーナーさんが地デジのチューナーを据え付けてくれたのです。
これでケロきちは2011年を迎えてもテレビが見れます!

どーしようかとは思っていたんです。このテレビも丸8年使っているので、11年には買替えようか?でも先立つ物はナシ。それに壊れていない物を棄てるのも抵抗がある。
だからといってチューナー買っても、その頃には10年以上使っていることになるテレビがいつまで持つか…

いっそ完璧にテレビのない生活を送ろうかとも思ったり。でもそしたら松潤が見れない!
なんて下らない堂々巡りを繰り返していたところにこのサービスが舞い込んできたのです。
いやー早まらなくて良かったぁ(≧ω≦)b

どうやら、ケロにとって地デジは必要な物だったみたいですね。

なんでかは解らないですが。

ポチっとお願いします

Secret

TrackBackURL
→http://1251hazymoon.blog55.fc2.com/tb.php/179-43c8374e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。