上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデンスランバー見てきました。

1日だから混んでるかな?と思いきやガラッガラでした。
まぁ、時間も遅かったしね。

ネタばれになったら嫌なのであとたたみます。


次にどうなるのかサッパリ展開が読めない(ケロがアホだから?)映画でした。
140分ほどの上映時間だったのですが、全然飽きなかった。
ケロは映画とか見てると飽きてくることも珍しくないんですけどねー

音響もすごい迫力があって、これは映画館で見る映画だなーと。
ただ、心臓が弱い人は注意が必要かも…最初の爆発音にはチキンハートのケロきち、本気でビビリました。


話としては、最初に友人に言われた「無様な姿晒してもいいから生きろ。」ってことですね。
てっきり濡れ衣が晴れるんだと思ってたんですけど、いくら作り話でもそれだとありきたりか。

あと、友達は大事にしとかんといかんね。
堺雅人の「最後に残された武器は人を信じることだ」って台詞があるんですけどね、腹黒ひねくれ人間のケロには、この状況でその言葉を言えるってのはすごいなーつか信じがたいなーと思うんですけど、言葉通り、堺雅人は信じた人に助けられて逃げ続けるんですよ。信じるって凄いことなんだね。
腹黒ひねくれ人間でもケロにだって信じてる人はいるので、そういう人大事にしなきゃならんね。


最後に、この話ってさ、フィクションだよ。フィクションなのは分かってるけど…
もしかしたら明日自分がオズワルドに仕立て上げられるかもしれない、って思うと怖い話です。
でさ、日本でこんなことありえないよハハハ~、なんていいきれるほど、政府とか警視庁って信用に値するとは思えない。

本当に困ったとき自分を助けてくれるのは他でもない、自分が築き上げてきた物、なんですね~
これが日頃の行い、ってヤツなんだなぁ。


あ、引用した作中の台詞は一字一句あってるわけではないので、ニュアンスで捕らえていただきたい。
そんな細かいトコまで覚えてないよ。


あと、香川照之はいいねぇ…演技派だよねぇ…



↓よかったらポチっとお願いします。

ランキングはこちらをクリック!

Secret

TrackBackURL
→http://1251hazymoon.blog55.fc2.com/tb.php/483-26dfd267
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。