上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大仏を見た後、そのまま二月堂や三月堂まで脚をのばすorUターン、という行動パターンの方が多いのではないでしょうか。
ケロきちも1度目は大仏見たらUターン(バスツアーだったんですよね)2回目(修学旅行)は二月堂三月堂を外から眺めただけ、3回目(7年前にツレと)のとき三月堂の中に入り、2月堂の舞台に上りました。

そして今回4回目(4回も行ったのか…)今回は大仏殿の裏にある正倉院を見に行きました。
教科書に必ず載っている正倉院。非公開ですが近くまでいけば遠目に見ることが出来るときいたので、見たい見たいとダダをこね、プランに無理やり組み込みました。


大仏を見た後、看板の指示に従って人気のない道を進みます。

途中、鹿の群れを発見。
子鹿
子鹿がめちゃくちゃかわええ。


さらに進むと道の先に石の柵が立ち並ぶ地域発見!
石の上には鋭いトゲトゲまでついている!きっと柵の中に違いない!

って中を見ると、そこにはいかにも鉄筋コンクリートで出来てます的な建物が…


これ絶対ちがうよね…


ここじゃないのか?まだ先なのかと歩みを進めると鉄筋コンクリートな建物の向こうに黒ずんだ建物が…


あの黒ずみは木だね?
あ、なんか教科書で見た感じと似てる?
もしかしなくても…


正倉院だーーー!!


初めて自分の目で見たぞーーー!


石の柵越しにだけどね。

もしかして、ぐるっと廻ったらもっと見やすいポイントもあったのかもしれませんが、そこまで時間もないし、これ以上わがまま言うほど腐ってもいない。

30㎝ぐらいの側溝を飛び越え(って程の幅でもないな…)、柵にしがみついたケロきち。
腕を伸ばせるだけ伸ばして撮ってきました。
正倉院
分かります?木の向こうに見えてる建物が正倉院です。
あぁ、これが1300年にわたって東大寺に伝わる宝物を保管してきた建物なのか。
この湿気の多い気候から宝物を護れるなんて、昔の人の知恵は凄いの一言に尽きる。
校倉作りバンザイだ。出来ることなら中にも入ってみたいけどそれは無理なんだろうなぁ…

とか思いつつ撮ってました。
もしかしたら顔が凄くにやけてるとか、いっちゃってるような表情とかになってたかもしれない。


因みにツレとN氏は、腕を力の限り伸ばすことも、柵にしがみつくことも、側溝を飛び越えることもせず、道端からフツーーに撮っていました。写真は後から見せてもらったら何撮ったんだかわかんないカンジでした。
でも、べつにいいか、みたいなカンジ。
これが普通の反応なんだろうね…何も言わずに付き合ってくれてありがとう。
正倉院をこの目で見れてケロは満足です。



↓よかったらポチっとお願いします。

ランキングはこちらをクリック!
Secret

TrackBackURL
→http://1251hazymoon.blog55.fc2.com/tb.php/564-3701a2fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。