上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正倉院の次は二月堂に向かいました。

近所の方がちっちゃーい芋を鹿にあげてました。
芋食う鹿
地元の人に愛されてるんだなぁ…

二月堂は山の中腹に建っているのでたどり着くまで結構大変(運動不足だから、というのも大いにあるけど)
二月堂

やっとついたぜ!

有名なお水取りをやっているのはここですね。一度見てみたい…

登った甲斐もあって絶景を見られます。
二月堂景色



んで、階段下りるとそこには三月堂が。
三月堂

ここには仏像がたくさん置かれていて、再び見れることを楽しみにしていたんですけど…

あれは奈良にくる何週間か前のこと…
Iさん「あ、そういえばこの間から三月堂見られないようになってますよ」
ケロ 「は?ホントですか?」
Iさん「仏像の修復工事はじまってね。夏くらいからは中に入れるけど、(仏像)全部は暫く揃わないみたいよ~」

てな会話をしており、見られないことは知っていたんだけれども…

三月堂を目の前にして改めて見られないことに悔しさと悲しさを感じる…

貴重な文化財を末永く伝えていくために修復は必要不可欠。修復していることに文句をつけるつもりはさらさらありません。
ただ、今年は1300年で節目の、記念すべき年なんだよ。人がたくさん来ることも容易に想像できるはず。修復もそれにあわせる配慮があったっていいんじゃないの?と思うのですよ。
2010年までに終るように、とか2011年から、とかさ。そりゃお金の問題とか、職人さんの都合なんかもあるのは分かる。けどさ、東大寺という奈良を代表するお寺で、一番観光客くるんじゃね、とすら思えるお寺で、この年に修復工事を行っているということに少なからずガッカリしたのです。
ついでにいうと、JRの駅舎が工事中なのにもビックリしました。奈良の玄関口がこのような年にまだ工事中って…こういう年を新しい出来立ての駅舎で迎えよう、と思わなかったんでしょうか?(予算つかなかっただけ?)
1300年祭だせんとくんだ、と騒いでいるように見えて、あまり観光客を歓迎する気がないとか?
いや、それぞれの都合はあると思うけどね。

そりゃ、この年だけどこも修復しない、とか、みんな2010年に合わせて、とか物理的に無理なんだろうことは分かるけどね。でも、唐招提寺とかは今年に合わせて修復工事してたんじゃないの?興福寺の国宝館だってさ。やってるところはやっているように思えるんだけど?
今回の旅行、この点だけがイマイチ納得できませんでした。

んまぁ、なんだかんだ言っても、見れなかったことに対する愚痴でありケロの我侭であることは自覚してますけどね。



このガッカリ感、なんと翌日も味わうハメになります。



仕方ないんだけどね…文化財保護の為だしね…(と自分にいいきかせ)


↓よかったらポチっとお願いします。

ランキングはこちらをクリック!


Secret

TrackBackURL
→http://1251hazymoon.blog55.fc2.com/tb.php/565-27ac0138
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。