上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この日最後の目的地、元興寺…の前に

ここにくるまでに棒のような足を引きずり昼食どころを探してました。
ケロたち、奈良町界隈に行けばどっか食べるトコあるでしょ。とか考えていたので特に下調べもありませんでした。
その結果、痛い足を引きずり随分と歩くハメに…
最初、人力車の兄ちゃん(乗ったわけではなく、向こうから声を掛けてきた)に教えてもらったお店に行ったのですが、有名なお店だったらしく行列になってました。もう1時過ぎだってのに…
そのあと、地図を見つつフラフラ歩きよーやくお昼ごはんにありついたのでした…

いや、ホント、下調べって重要だわ…

食べたものに関しては後で後でまとめてUPします。
大したもの食べてないですけど。


で、元興寺。
ここは旅行前に地図を見つつプランを練ってる最中に見つけました。
国宝、とか書いてあるし、見所あるお寺に違いない、と急遽プランにねじ込みました。
なのでどう言う謂れがあるとか、何が見所とか良く分からないままの見学です。

まず、正面に本堂。なんだか中にたくさん人がいたので、一旦スルー。

本堂横にはコンクリ作りの建物が。中には色々な物が展示されている様子。
と、その前に、こんなもの発見。
元興寺
柱の跡だそうで。
随分と太い柱だった様子。今ではこじんまりとしたお寺ですが、往年は相当大きかったようですね。

建物の中には国宝に指定してあるちっこい五重塔が展示されてました。
ガイドブックか何かで「小五重塔」の文字をみていたので、あぁ、ここは五重塔が見ものなんだなぁ。という認識はありました。
でも、いくら小さいといえど五重塔なのだから外に建っていると思っていたので、敷地に入ったときに「塔ないじゃん」とか思っていたのですが、なるほど、建物の中に納まるサイズだったのか。
それでも2mはあると思います。で、細かーーいところまで丁寧に作られていました。
何時の時代にも神がかり的な器用さを持つ人っているのねぇ。

つぎ、人が少しはけたようなので本堂内部に。
団体さんが中に入っているのかと思っていたのですが、違いました。
(多分)ボランティアの方がこのお寺のことを丁寧に説明してくれていたのです。
途中からだったのですが、ケロたちも座って聞いてきました。

もとはどれ程の広さのお寺だったのか。本堂に使われている柱のこと。そしてこのお寺最大の見所であろう本堂の屋根瓦。

聞いていてとても面白かったのですが…
なにせ前日は21時間稼動、そして4時間睡眠、挙句に朝から歩きどおし、そしておなかは満腹状態…

説明してくれているオジサンの語りがそのまま子守唄に…

うとうとしてるとN氏に突かれて、なんとか頭がはっきりしてきたところに無情な宣告が…
「もう3時だよ、いかないと」
うそーーん。もう3時なの?まだオジサンの話終ってないのに…(つーか、この話が終ったら、改めて最初から聞く気でいたのです)

うーん、甘く見てたぜ元興寺。もっと体力・時間に余裕のあるときにリベンジだ。


で、最後に屋根瓦。
元興寺屋根
写真だと分かり図らいと思いますが、色がマダラなのが見える…と思います。
なんでも、創建当時からの瓦(1300年とか前ね)が一部残っているそうです。
瓦って屋根に乗ってる割には日光に弱く、そんな長期間使える物じゃないそうです。
瓦のない地域に育ったのでちょっとビックリしました。そーか毎日ガンガン日差しを浴びなきゃならないのに日差しに弱かったのか。
話もどして、なので、そんな古い瓦が屋根に乗っているということはとても珍しいことのようです。
何気なくプランにねじ込んだお寺で良いもの見せてもらえました。

この日はこの後奈良町で買い物して、奈良ロイヤルホテルの日帰り入浴(温泉。N氏唯一のリクエスト)に行って、マッサージしてもらいました。
元興寺で時間が押してたのはマッサージの予約をしてたから。
ついでにこの後行った居酒屋も予約してましたし。

居酒屋は地鶏がメインのお店でした。
ツレが「奈良ならではのものを食べれるところを探す!」と気合いれていたのですが、正直、あまり奈良ならではの物って無かったみたいで…聞かないよね、あんまり。
美味かったからなんでもいいんだけどさ。


そんなこんなで2日目の晩も更けていきました…
3日めは法隆寺方面に向かいます。

↓よかったらポチっとお願いします。

ランキングはこちらをクリック!

Secret

TrackBackURL
→http://1251hazymoon.blog55.fc2.com/tb.php/571-549d7a10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。