上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日ウナギを買ってきました。
なんかこの時期になると回りに乗せられて食べたくなるのです。


なんか下らないしオチもないしダラダラ長いし、ってな訳で畳みます。
まぁ、いつもそんなカンジかもしれませんが。
お財布事情を考えれば迷わず中国産、と言いたいところですが、ケロきち以外とその辺は神経質でして。
知らず知らずに中国産も口にしているというのは分かっているのですが、目に見える範囲では口にしません。
中国産に限らず外国産のものは基本買いません。
パイナップルとかキウイとか基本外国産のものは別ですが。

んなわけで、1280円の鹿児島産(ホントに国内産なんだろうか…)のウナギをゲット。

半分は普通に鰻丼風に、もう半分は細かく切ってネギとワサビとしこたま乗せたひつまぶし2杯目風にして食べました。薬味大好きっ子なもんで。


そんだけお金を掛けたウナギのお味はというと…


ウナギってこんな程度だったっけ?


不味くも無いけど美味くも無い。別に1280円も払う必要あったのか?ってカンジでした。
なんかもっと柔らかくって油のってるイメージだったけど?

というか、このウナギ…



多分…


そんな良いウナギじゃないんじゃね?


うーーんいくら1280円払っても所詮はスーパーのウナギなんでしょうか?
それともケロの記憶がウナギを美化してるんでしょうか?
…よくよく考えてみれば今までだってそんな良いウナギ食べたこと無い…

あった!

一昨年、名古屋の蓬莱軒のひつまぶしをデパ地下で買って食べたんだった。
そのときの感想は…


こんなもんか…


だったっけ。


んで、去年ひつまぶしリベンジを同じく蓬莱軒(前年行ったときは仕方なくデパ地下だった)で果たしたときは…


去年のお持ち帰りは全然良いよね。美味しいよ。でもフツーに鰻丼の方がいいかな。


だったっけ。



あれ、良いウナギ(多分)食べたってそんな良い感想述べてないな、自分。
ひつまぶしだからそういう感想だっただけか?
でもこうして思い返してみると良いウナギでの鰻丼ってたべたこと無いことになるよね。


つまり、ケロの中でウナギが本来の味を通り越して美化されてるのか?


初めてウナギ食べたとき、なかなか美味しく感じたんだけどなぁ…
そういうものって、美化されてインプットされてたりするからなぁ…
それに初めて食べたウナギも仕入先を考えるとそんなに良いもの使ってるはず無さそうだし。

やっぱりノーミソのいたずらなのか。

そのいたずらに踊らされてケロは1280円も使っちまったのか?


今回のウナギが不味かったのか、それともケロがウナギを美化しているのか?

今のところ真相は闇の中です。
どこか美味しいと有名なところでウナギを食べる機会があれば真相ははっきりするのかもしれませんが…



スーパーですら1280円もするのに有名店なんか行ったらどれだけとられんじゃい?払えるかーー!



ってなカンジなので真相は解明される日は来ないんじゃないでしょうか。
解明されなくてもどうってことありませんが。
そして解明されぬまままたウナギを買ってきては文句たれるような気がします。


来年はデパ地下でちょいとお高い焼きたてでも買ってきてみるか?



↓よかったらポチっとお願いします。

ランキングはこちらをクリック!
Secret

TrackBackURL
→http://1251hazymoon.blog55.fc2.com/tb.php/584-fbb89dee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。