上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前に映画を見てきました。
市内にある、シアターキノという小さい映画館です。
流行り物の映画とかではなく、マイナーで味のある映画を上映してるような映画館です。

別に見たい映画があったわけではなく、フランス語教室のクリスマスパーティの抽選でタダ券を貰ったのです。
んで、どーせならフランス語映画を見ようぜ、みたいなカンジで見てきたのが「リッキー」というフランス映画でした。

映画館の上映一覧パンフには赤ちゃんの写真と、まぁ家族の絆?的な内容っぽい紹介文。
ほんわかあったまるハートフルコメディみたいなカンジ?と思って見に行ったのですが…


以下ネタバレになるのでたたみます。

無駄に長くなりました。
マジで長いので酸素を取り入れるしかすることがない、ってくらい暇な方のみドーゾ

まず冒頭、やつれたオバチャンがお役所に同居してた男の失踪、子供がいて思うように働けずお金がない、赤ん坊が酷く泣くので育てる自信がない、施設に預けたい、と涙ながらに訴えてる…

あれ、思ったよりヘビーーな内容?

と思ったら場面は数ヶ月前に。

どうやらその酷く泣く赤ちゃんが産まれる前らしい。
目覚ましが鳴ってもベットからでず、起しにきた7歳の娘に「仕事に行きたくない」とダダをこねるバカオカン(冒頭のやつれたオバチャンね)。もちろん朝ごはんの支度の娘。

それでもバイクで娘を会社に送っていく姿に「まぁだらしねーけどそれなりにオカンやってるのかな」とか思ってたら、職場で新しく入ってきた男を目ざとくチェック。
そのセンサーに引っかかった男と速攻トイレに駆け込む始末…

あぁ、頭もお尻も軽いのかこのオカン…

その後7歳の娘を家に置き去りにし、男とデート。
そして速攻部屋に連れ込み同居。


娘さんの虐待死フラグが立ったように思うのはケロだけだろうか…


娘は母親の女の部分は見せつけられるは見知らぬ男に関心を奪われるはで…なんか不憫で仕方ない。

このオカン、この娘の父親に出産を反対されたらしい。
理由は責任を持ちたくなかったからなのだろう。娘にも会いに来ないというような話がでてた。
つまり父親に生まれる前から捨てられて、この娘にはオカンしかいないのだ。
なのにオカンにまで見捨てられたら…
そう考えているのであろう様子が見て取れます。すんごい健気。

そんな娘のことはお構いなしにオカンと男はイチャイチャイチャイチャ…

あのー、冒頭でこのバカオカンの相談受けてた役所の人。
このバカお願い通り、子供は施設で引きとって!でないと取り返しの付かないことになるよ。と、言いたい。

そんなバカオカンとその内縁の旦那に子供が出来ます。
計画的でないことだけは確かだ。

赤ん坊の名前はリッキー。
漸く主役(多分)の登場だ。


このリッキー、バカオカンの訴え通りよく泣く!映画みててもイライラするくらい泣く。
それもそのはず、オカンが良くみたら背中に痣が出来てるのだ。


内縁の旦那の暴力と半ば決め付けてかかるオカンに旦那ブチギレ。
ただでさえ子供が産まれてから不協和音響きまくりだったこともあり、家を出て行ってしまう。


ただでさえ怠け者なのに、子供2人かかえてどーする気だ?
少し考えてから発言しようよ…


そんなある日、なんと、リッキーの背中の痣のところから…



手羽先が生えてきた。



ほんと、スーパーで売ってる手羽先そのまま。
それが動くから気持ち悪いのなんの。
どうやら泣いていたのはこの手羽先が所々生えてくるのが痛かったらしい。


にしても気持ち悪い。
「背中に羽なんて天使みた~い」なんてファンタジーな映像じゃない。
リアルにグロイ。


そんな息子を見たオカン。


冷静な顔して息子を室内に監禁することを決定。


娘にもきつく口止めします。

つーかさぁ…人間の背中から手羽先が生えてきたんだよ?
何故にそんなに冷静に受け止められるのだ?

あぁ、もしかしなくても電波ちゃんなのか、このオカン。
電波なら荒川河川敷の住人だけでお腹一杯なんだよねーケロは。

荒川河川敷はおいといて…
ちょっと考えても狭い室内に文字通り飛び回る赤ん坊を監禁するなんてすぐに無理が生じるに決まってる。
ほんと緩い脳みそだよ…


手羽先はどんどん成長し、仕舞いにゃ茶色い鷹のような羽が生きた。
つーか白じゃないんだ。てっきり天使みたいになるのかと思ったけど。
ぶっちゃけ人間と鷹のキメラにしか見えねぇ。


このオカン、一角千金を狙い家賃を払わずロトを買っていたのですが、ある日、それが大当たり。
2000ユーロ(だったかなー)があたります。


時期はクリスマスシーズン、親子はお金を持ってお買い物に。
楽しそうにしている娘がなんとも可愛らしい。


でもオカン、ここでも愚か者っぷりを大いに発揮。
リッキーを乗せたカートを放置して、娘と奥の棚におもちゃのチョイスに行ってしまう。
リッキーはジャケットを着せられて羽は隠してあるが、シートベルトをつけてるわけではない。



ということは…




リッキー、ジャケット跳ね除けて店内で好き勝手飛び放題。




ちょっと考えたら想像つくがな。
その前に赤ん坊放置してその場を離れる神経が分からん。


お陰で親子はマスコミから追い掛け回されるハメに。
医者にもこのままの生活だとリッキーは衰弱して死んでしまう、と。

でもオカンはあくまで羽根の生えた息子をそのまま育てようとする。

と、そこに内縁の旦那が舞い戻る。
その場で娘を部屋に閉じ込めおっぱじめるお大馬鹿オカン…救いようねぇ…
(内縁の)夫婦の関係修復を表現したかったのかもしれないけど、子供部屋に追い返してそのまま玄関先で…って…
このオカンが色々と軽いのはもう十分見てきました。
これ以上見せてくれなくても良いよ。くどい。


部屋に追い返された娘は不安げな表情でリッキーに語りかける。
現実を一番見てるのはこの子かもしれない。もう主役はこの子でいいんじゃない?

だらしない大人に囲まれた子供のシビアな目、愛されたくて良い子を演じるその健気さ、ああもうこの子目線の映画のほうが何ぼか良いって。


話もどして…
戻ってきた(内縁の)旦那、リッキーを育てるには金がかかる。いっそマスコミから金を取って取材を受けようと提案。
バカオカンは、金儲けの為に戻ってきたのか、と嫌味を言いますが、あんたなんかよりよっぽど現実を見てるよ、と言いたい。

そんなわけでリッキーの足に紐をくくりつけマスコミの前で空中飛行を披露することに。
楽しそうに飛ぶリッキー。地上で紐を握るオカンは凧揚げでもしてるかのように見える。


このまま平和に終るかと思った矢先、またバカオカンがやってくれた。

なんと…


リッキーに繋いであった紐を…




手放しやがった…

オマエは本当に母親か?と問いたい。

枷の無くなったリッキーは遥か彼方へ。


どうやら帰巣本能は備わってなかったらしく、そのまま帰ってこなかった。
キメラとはいえ赤ん坊、何日も一人でいて生きていられるはずがない。

オカン、絶望して生きる屍状態。


まぁ、このオバカさんが屍になろうとゾンビになろうと関係ないけどさ。


でもさ、もう一人子供いること忘れてない?
やっぱり娘が不憫だよ。


そんな不憫な娘を置いて、このオカン、リッキーを見失った池で入水自殺を図ります。
池のふもとで上着を脱ぎ、靴を脱ぎ…
古今東西、自殺する人が靴を脱ぐ描写は同じなんだね。

首まで水に浸かり、あともう少し、というところで上空にリッキー発見!

タイミングいいなぁ…ま、映画だしね。


数歩さきに降り立ったリッキーに語りかけるオカン。


アナタのママよ。忘れた?
まー監禁はするは、けたたましい夫婦喧嘩は聞かせてくれるは、人ごみの中平気で目を離すは、あんまり良い母親じゃなかったからねー忘れられてるかもね。

紐を離したの怒ってる?
や、馬鹿から解放されたぜ、いえーい!位にしか思ってないんじゃない?

アナタがあまりにも綺麗で見とれてたの。
?そうか?曇り空のした茶色い羽でピョコピョコと飛びまわるキメラ…結構奇妙な映像だったよ?
雲ひとつない、光が降り注ぐ空のもと、純白の羽をたたえた赤ん坊が優雅に飛ぶ…まぁキリスト教の絵にでてくるような構図だったら「綺麗で」発言も分からんでもないが。


でも綺麗発言に気をよくしたのか、上機嫌に笑い出すリッキー。
そのまま空へと帰っていきました。



そう、一人空へと帰っていきました。

…捕獲しないんだ…

でもそれで満足したのかオカンずぶぬれでお家に帰宅。
旦那と娘を抱きしめます。


また数ヵ月後…
冒頭でオカンは娘をバイクにのせ学校に送っていました。
いまではそれは(内縁の)旦那の仕事。二人仲良く出かけていきます。
そんな二人を部屋から見送るオカン。
そのオカンは…



腹がでかかった!

え、ちょ、また産むの?
つーかまた無計画なんでしょ、どーせ!
以前、夫婦仲に亀裂が入ったのは子育てが原因だったよね?また同じこと繰り返すんじゃね?
前回は健気な姿勢を貫いた娘も今度はグレるかもしれないよ?警察沙汰とかになったらどーすんの?
アンタみたいなダメ人間に赤ん坊抱えて警察に頭下げに行く余裕なんかあるわけないよ!
娘見捨てるに決まってるよ!あぁもう娘さんの人生がむちゃくちゃだ!!

それになにより、


また手羽先生えてきたらどーすんの?


あぁ、なんて最後まで突っ込みどころ満載の映画なんだ…
突っ込む為に作られた映画としか思えない。

あぁ、自腹切って見た映画じゃなくて良かったー

最後に一言。

娘虐待死のフラグ、気のせいでよかったわー


ここまで読んでくださった方、長々とお付き合いいただきありがとうございました。


↓よかったらポチっとお願いします。

ランキングはこちらをクリック!
Secret

TrackBackURL
→http://1251hazymoon.blog55.fc2.com/tb.php/758-872532e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。