上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※今回の内容は「ドイツ大好き♪」「私のダーリンってばドイツ人なの☆」「将来はドイツに永住したいくらいにLoveドイツ」というカンジの方が読まれると不愉快に感じるかもしれません。その不愉快さをケロにぶつけられても困るので、そういう方は読まないで下さい※


11時間もやってらんねーーーとか思ってたのですが、以外とアッサリドイツに着きました。
フランクフルト空港は市街地に近いらしく、着陸まえに町並みとか見れました。
三角屋根のお家が可愛かった!川にでっかい船が走ってたのにもちょっと感動。
川、2本みたけど、あれがライン川とかなんだろうか…その辺不明だけど、少なくとも北国の川であんな大きい船が走ってるの見たことないよ。流石ヨーロッパだね。

無事着陸して空港内に進入…

ビミョーーに変なニオイするかも…これがドイツのニオイ?
空港も…なんか大学の一番ボロい建物おもいだすなぁ…
フランクフルト1
バス待ちのときに撮影。綺麗じゃないのは伝わるかなぁ?


なんて進んでると急に動きが止まってしまった。


何故?
日本人は放射能チェックでもされてる?


とか思うとまた進み、また止まり…

どうやらバスにのせて別のターミナルまで運んでいるようす。

う~ん、フランス行きにのるまで1時間しかないんだからサクサクして欲しいなぁ…

ケロたちは後ろの方の座席に座ってたのでバスにのるにも時間かかりました…
若干時間に不安を持ちつつ入国審査。
フランクフルト2
入国審査待ちのときに撮影。どこにでもあるマック…

何箇所か窓口あいてるんだけど、仕事速い人とそうでない人がいて…
あの窓口のオバチャンほっっっとトロかったわーーー。
ケロがあんなところに並んでたら120%切れるって…


なんてね、このときはまだ平和だったんだよ…


まっっっったくの無表情のおっちゃんにパスポートとフランス行きのチケット見せてアッサリ終了。
質問とか一切されなかった。
因みにこのまっっっったく無表情のおっちゃん、以外と良い奴で、去り際にケロが手を振ったら振り替えしてくれました。
まっっっっっっったくの無表情で。

ドイツ人には顔に筋肉がないのだろうか?

でさ、入国できたからフランス行きのゲートに向けて歩き出したのだが…


なんかまた手荷物&金属探査のゲートに着いちゃった。

念のためにいいますが、ケロたち、外には出ていません。
なのに、またチェックされるらしい…

でもそんな人でごった返してる訳ではないし、2箇所開いてるし、そんなに時間かからないかなーーーと思ってたのですが、つか、フツー日本の感覚だとそう思うでしょうが、


いくらドイツ人が真面目だとか何とか言っても、所詮廻りのイタリアとかフランスとか,ちょーーーーマイペースで、仕事するの嫌いで、ストとか大好きで(フランスね)、ワールドカップ自宅観戦のために休みとるの禁止とか(いうお達しがイタリアで出たらしい)やってる国の隣だから真面目に見えただけの話だよ。
所詮奴らもヨーロッパの人間だ!

日本人と比べたらのへーーーーーーーーーーーーーっと仕事してるのだよ。



日本だとさっさかさっさかと進んでいくのに、サッパリ進まない。
まるで亀の歩み。
それでも漸くあと4~5人、ってところまで来たらいきなりケロたちの前に職員が通せんぼする見たく両腕広げて入ってきた。
よくわかんねぇが隣の列に並びなおせ、と言ってる様子。
ここまで来てなんで!

つか飛行機の時間間にあわねぇよ!

その場にいた日本人ツアーの添乗員さんが抗議するもまったく無視。
あぁ、たしかに融通きかねぇ、っていうのは本当だね。

で、さっさとそこの入口を閉じてしまったのだ。

こんなに人が待ってるんだから、閉じるのおかしいでしょ!?
あんたの仕事時間が終了なら代わりの人間連れてこいやゴラァ!!

と腹の中で思いつつ、多少口にしつつ、漸くケロの番。
この時点で離陸まで15分切ってたはず。
んでさ、こういうときに限って鳴るんだよ、金属探査機が。

女性の保安官がニヤッとしつつハローとケロに近づいてきた(この人は顔の筋肉あったらしい)。
んで、ボディーチェックされて、ふと横をみると…


日本ならさ、次から次にと荷物預って金属探査機くぐらせるでしょ?


違うのよ。
一人終るまで待ってるのよ。


しかもさ、ケロがチェック終ってから荷物の中チェックしてるの。


違うでしょ、そこは!
ケロのボディチェックが終ったらすぐケロは荷物を受け取れるようにしておくの!!
んで、速攻次の人のチェックに入れるようにするの!!

それくらいやれよ、ドイツ人!!!
ったくトロくせぇ!

そんなわけで二人とも手荷物&金属チェックが終る頃には離陸まで10分とか、そんくらい。

いーーやーーー走ったねぇ…
記憶曖昧だけどエレベーターにも乗ったと思った。
動く歩道も利用して大分頑張ったんだけど、それでも未だ見えてこないケロたちの搭乗ゲート。
どんだけ広いんだよ、フランクフルト空港!

日頃運動不足で腹回りに余計な肉くっつけてるケロリーヌ、いい加減足が上がらなくなってきた。
呼吸はとうの昔に上がりきってるし。

それでも置いていかれたら堪らない。

へたり込むのは飛行機のなかでいくらでもへたり込めるのだ。

それでもいい加減もうムリとか思った矢先、漸く目的の搭乗ゲートが。
すでにお客さんみんな搭乗済みでやんの。


確か、ケロたちが最後、だったように思った。
後から来た人、もういなかったはず。
ほんっとうに疲れたわ~この時点でお家でてから20時間くらい経ってたはず。余計堪えるっちゅーねん。

なんて必死の思いで乗り込んだ飛行機。
フライトが15分くらい遅れてましたとさ。

けっっ!
やってらんねぇ!


教訓
乗り換えは2時間以上の余裕を見ましょう。
つか、出来るのなら直行便に乗りましょう。



↓よかったらポチっとお願いします。

ランキングはこちらをクリック!
TrackBackURL
→http://1251hazymoon.blog55.fc2.com/tb.php/791-c6af069d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。