上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/5/1

この日フランスはメーデーで祝日でした。
日本なら「混むからイヤだね」ぐらいで済むんですけどね~

日本なら 祝日=お休み~って人と、祝日=稼ぎ時だぜ!しゃーんなろーーー!!

という2パターンだけどね、

海外、つかフランスだと 祝日=なんで休みに働かなきゃなんねーーのよ!?休みは休むためにあるんじゃ!

という1パターンしか存在しない。

まぁ、ちょっと極端な物言いですけど。


なのでこの日は観光名所も基本は休み。

たまーーに祝日でも開いている場所はあるのでそういう場所を探さなきゃなりません。

最初、ロレーヌの古城巡りツアーを考えたのですが、朝7時にパリ出発して夜7時にパリ到着という強行スケジュールに、ケロたちのフランス語の先生(フランス人)が「パリには見所が沢山ある。1週間(実質5日)しかないのにそんな遠くまで行くのは薦められない。どーーーしても見たいなら無理には止めないけど。」と反対され、ツレさんがもっと近場で探したところ、探せば案外あるものでして、「マルメゾン宮殿」と「ヴォールヴィコント城」が候補に挙がりました。

マルメゾン宮はナポレオンの最初の皇后ジョゼフィーヌが住んだ城。で、ヴォールヴィコント城はニコラ・フーケというルイ14世時代のお偉いさんが立てた自分用の城。
なんでもこの城を見て嫉妬したルイ14世はフーケを牢屋にぶち込んで、同じ設計者を雇って彼らにベルサイユを設計させたそうな。

「どっちがいい?」と聞かれたケロリーヌ。
即答ですよ即答。考える必要もない。
ベルサイユ宮殿の元になったともいえる城を見ずして何を見る!
という訳でヴォールヴィコント城に決定。


こちら、パリから最速で30分ほどのところにあるムランという駅からバスに乗っていきます。
で、ツレさんが良さげなバスの時間とそれに丁度良い電車の時間を調べてくれてました。
で、朝10時半のバスに乗ろう。だから9時過ぎにはホテルを出よう、みたいな会話をしながら寝たのですが……




「ケロきちさーーん」
と呼ばれ目を覚ましたケロリーヌ。すると間髪おかずツレさんから衝撃の一言が。

「いまもう9時すぎてるー」



……なんですと!?


たしか9時過ぎにホテル出よう、って話だったはず。
なのに今9時すぎ、ってことは…





もしかしなくても寝坊!?


なんと二人してアラームをセットせずに寝ていたというマヌケな話。
乗ろうとしていた次のバスもビミョー。
その次となると1:30。間空きすぎ。でもとりあえず行ってみるかーとチンタラ出発。

電車が2階建てだったので迷わず2階へ。
あまり人もいなく静かでのんびりと電車の旅。
パリから離れると目の前に緑豊かな景色が広がる。
う~~~ん、のどかで良いねぇ。

コトコトコトコト電車に揺られて…まだ着かないの?
と時計をみると既に1時間も経っている。

…最速で30分だからローカルとか乗っちゃったらその位かかるかもしれないけど、この電車、パリを出たころは快速だったぞ、何箇所か駅すっとばしてたから。気がつけば各駅停車になってるような気がするけど。
それにしたって最初快速だったことを考えたらかかりすぎでね?

と思いツレさんに言ってみると、ツレさん路線図を確認。

するとパリからムランへは2路線。最短でまっすぐムランに行く路線と途中大きく迂回する路線。
ケロリーヌたちはその、迂回する路線に乗っていたのです。

そりゃ着かないはずだよ。

ま、時間あるからいいんだけど。

で、漸くついたムラン駅。祝日だからか人もまばら。
駅前のカフェもみんなお休み。

ヴォールビコント城行きのバス停を見つけチェックするもやっぱり次は1:30。
この時点で丁度お昼くらい。時間ありすぎ。

タクシー会社の看板と公衆電話はそこにあれど、電話するだけのフランス語スキルはなし。
駅の観光案内所みたいなとこも閉まってる。

とほうにくれたケロリーヌたち…


そしてそこに近づく怪しい影が!!

次回、ケロリーヌたちに何が!!乞うご期待!


…そこまで引っ張る話でもないけどさ。


↓よかったらポチっとお願いします。

ランキングはこちらをクリック!


Secret

TrackBackURL
→http://1251hazymoon.blog55.fc2.com/tb.php/810-2d190d80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。