上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
¥520,000で注文書を切ったものに対しての納品書に書かれた値段が¥344,000だった。


えーつまり、コッチは52万で買うつもりだったのに、向こうから提示された金額は34万4千円だった、という話。

フツーのお買い物ならいざ知らず、会社間のやり取りですから、掛率、っつーーもんが決まってる。
そりゃ、コッチの計算間違え、とか、価格改定してた、とかで多少の±はありますけどね。


¥176,000も違ったのは始めてだ。


何事か!?とあわてて営業担当者に電話すると暢気な声で一言。
「へーラッキーだったね」


うん、まぁ、確かにね。17万6千も利益大きくなったもんね。
でもさぁ、その前に何かどこかで間違いが発生したんじゃね?とか…考えないんだな、こいつ。

あーなんかケロって小心者だなぁ…とか思ってしまった。


で、「○さんが『ラッキー、そのまま処理しちゃえ』っていうならそのまま処理するけど?」って言ったら、「多分キャンペーンだと思うんだけど、間違いであとから請求きても面倒でしょ?」とか言い出した。

なんだ、コイツも小心者か…?


で、結局営業担当者が確認を取ることとなり、結果、キャンペーン中なのでその金額で間違いありません、ということでした。


ここで『そんなもん、向こうが34万って伝票上げてきたんだからそのまま34万で処理しちまえ!』って言い切ってしまう度胸、っーか剛胆さ、がある奴が出世してけたりするのかなぁ…とか思ったりした。どうなんでしょね?





ところで、普段52万で卸すものを17万も値引きできるって…
普段がボッてるのか、今回が大出血サービスなのか…
こちらもどうなんでしょうね?


↓よかったらポチっとお願いします。

ランキングはこちらをクリック!
 







Secret

TrackBackURL
→http://1251hazymoon.blog55.fc2.com/tb.php/834-5cdd5c3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。